M.U Diary 2020.12.31

夢宇(むう)のDiary

曲の一つ一つに物語が存在している(2020.12.31)

人工知能が曲を生み出せる時代にはなっていますが、人工知能が絶対、たぶん、勝てないことがあります。

それは、曲の一つ一つの物語です。誰がどういう背景で作り、どのように創意工夫したかということや、聞く人々の心に残る物語たちは、人工知能には作り出せません。誰が作った誰の曲だということはきっと大事な要素なんだと思います。

聞いた人にも、その曲に対する物語が生まれます。人工知能の曲には、作者側の物語が伝わりにくいので、なかなか聞いた側の物語が生まれにくいのではないのではないかと思っています。すべてがそうだとは思いませんが。

久しぶりにブログを更新します。今年は、コロナでいろいろなことがありましたが、個人的には、苦手なことは遠のき、もともとそうだった自分がこうであってほしいと思ったことが実現するかもしれないと思ったことが多い年でした。

今年は、歌なしのインストゥルメンタル曲については、新しい曲をあげています。映像関係の課題が多かったので歌系の曲は今年はリリースできずでしたが、水面下では着実に進んでいます。よい報告ができるよう前に進みます!。